ぱーちんの日替わり弁当

毎日日替わりで好きなことを書き込んでます。

「高尾山でトレラン」の巻

 

 

ランニングを始める前、ボクはウォーキングをしていました。

それも早足でガシガシ歩いていたんですが、そのうちもう少し負荷を掛けてみたいと思うようになり、「いっちょ高尾山でも登ってみるか~」と気軽に登ってみたのが2年半ほど前のことです。この話はまた別の機会にしたいと思いますが、とんでもなく辛い登山でした。

その後ランニングに移行してからは、ただひたすらフルマラソン完走を目標にして近所を走り回っていたのですが、ある日突然トレランという練習方法を知ってしまいます。そんな折り、友人から高尾山に登ろうよと誘いを受け、初めてトレランもどきをやってみたのが半年ほど前の出来事です。このトレランもどきがとても楽しくて、特に下りを駆け下りるのが病みつきになってしまいました。

そして先月、自宅から高尾山までランニングして行き、そのまま稲荷山コースから頂上に登ってきたんですが、やはりロード用のシューズではグリップが悪く、専用のシューズを買うことに決めました。

f:id:Tattaka:20170521155346j:plain

ネットで情報収集をしたりしながら選択したのは、このサロモンのセンスプロマックスです。モントレイルのほうがグリップ力が優れているかな?と感じましたが、サロモンのフィット感がたまらなく良く、ショップの方と意気投合したとこもあっての選択となりました。

あとは、登山初心者なので、地図はマストでしょ!と思い、これも購入。子どもの頃から地図って好きなのでワクワクしました(笑)しかも濡れても破けない素材でできてて、機能的にもバッチリ!(少し臭いけど(笑))

f:id:Tattaka:20170521160914j:plain

準備が整ったところで、一番大事な登山計画をしなくちゃなりません。

これまでは1号路、6号路、稲荷山から登りましたので、もう少し本格的に登ってみたいと思い、日影沢から登ることに。ここから日影沢林道に入り、城山頂上から高尾山へ向かい、稲荷山~6号路で下山としました。

f:id:Tattaka:20170521162122j:plain

JR高尾駅

登山客であれば日影沢までここ高尾駅からバスか徒歩となるのでしょうが、今回はトレランなのでウォーミングアップも兼ねて走って行きます。距離はおよそ4kmです。

駅を背にした甲州街道との交差点両側に、ファミリーマートセブンイレブンがあります。今回は、ファミリーマートで朝食と、ポカリを2本、補助食料を購入しました。ここのファミマはイートインがあるので便利でしたよ。

甲州街道を左折し、しばらく走ると都道516号線の西浅川交差点がありますので右折しますが、ほんとうにバスが走るの?と心配になりますが、圏央道の橋があればあっています。

f:id:Tattaka:20170521163836j:plain

そういえば、高尾駅にもルート上にも着替える場所はありませんので工夫してください。今回は、ランウェアを着た上にスウェット上下を着ていたので、途中にある小仏関跡のベンチで脱いでリュックに収納しました。

f:id:Tattaka:20170521164050j:plain

f:id:Tattaka:20170521164347j:plain

浅川国際マス釣り場を左に見て少し行くと日影バス停があります。この先大きく右カープしている先が目的地です。

実はここで、ボクはあまりの本格的な山の風景にビビってしまいました(汗) 

平日の朝6時過ぎの日影沢は人っ子一人いません。ここを単独で登るなんて初心者にできるのか?と不安でいっぱいです。

f:id:Tattaka:20170521164507j:plain

それでも引き返す訳にもいかず、進めばもう少し変化があるかな?(あるわけないのに...)と思いながら登り始めました。

ほどなくして日影沢キャンプ場にたどり着き、いろはの森コースと林道の分岐点にでます(緊張してたので写真を撮り忘れてます)。計画では林道を目指すはずだったのですが、その先を見てみると、山が深くなっているように見えます。また、林道のほうが距離が長いため、ここでルートを変更していろはの森コースに足を向けましたが、あとでコース変更は誤った選択だったと実感することに...

f:id:Tattaka:20170521165829j:plain

登り始めると、いきなり急登坂が始まります。もういきなり登山の洗礼を受けてドキドキします。

それでも頑張って登りましたが、途中でふと気がつくと、深い山のなかにひとりぼっち。鳥のさえずりと自分の足音しか聞こえません。

f:id:Tattaka:20170528153219j:plain

なんだか熊がでそうな景色にさらに不安になってしまい、現在位置をスマホで確認すると、全体の半分ほどまで着ています。無理せず引き返すのもありかな?と思っていましたが、足も呼吸も余裕です。コースもしっかり整備されているし、足りないのは勇気だけ!と自分を奮い立たせて再開です。

そうこうしているうちに、4号路との交差点に到着です。現在地を示す地図が建ててあり、それを確認していると後ろでガサッと何かが動く音が!!! まさか?と思い振り向くと初めて出会った登山客でしたホッ... でもここで人に出会えたので、心に余裕ができました(笑)

さああと半分切ってるよね?と思いつつ、行動開始です。

f:id:Tattaka:20170528153204j:plain

すぐに長い階段があり、さらに足に負担が...

f:id:Tattaka:20170528153156j:plain

上から見るとこんな感じです。でもここを登り切ってしまうと、すぐに1号路と合流しました。

f:id:Tattaka:20170528153147j:plain

合流してからは、すぐに山頂です。

f:id:Tattaka:20170528154925j:plain

平日の早朝なので、ほとんど人がいません。

キャンプ場の分岐点で7時少し前、ここに着いたのが7時37分だったので、40分ほどの行程でした。少しだけ休憩して、次は城山を目指します。

f:id:Tattaka:20170528155716j:plain

山頂からの富士山はとても奇麗に見えました。

f:id:Tattaka:20170528155755j:plain

7時37分 もみじ台 ここからは2度目だし、フラットな場所もあるので安心して走れました。

f:id:Tattaka:20170528160008j:plain

8時7分 一丁平に到着です。土日ならめちゃ混みしてるのに誰もいません。景色が独り占めできて最高です。高尾山山頂からは30分ほどでした。

f:id:Tattaka:20170528160231j:plain

8時21分 小仏城山に到着です。一丁平からは14分でしたね。

ここで、本来のルートである日影沢林道の入り口を見に行って気がつきましたが、「林道」と言うだけあって、クルマが走れる道なんですよね? 実際、茶やのクルマが停まってましたし。と言うことは、キャンプ場の分岐を予定通り林道に向かっていれば、こんなに恐い思いをしなかったのか!と気づき、失敗したような気持ちになりました。

でも、なにごとも経験じゃないですか。今回のルートはもう知ってるルートになったので、次来るときも自信をもって登れます。これはこれで良かったんだなって思いました。

じゃ~ 下山しますか! ほとんど休憩もしないで、高尾山に帰ります。

ここまで登り基調だったから、下りは速い速い~ あっという間に高尾山に到着し、そ

 

のまま稲荷山コースに入ります。f:id:Tattaka:20170528161148j:plain

 

8時53分 山頂から稲荷山コース入り口を見ると、かなりの下りですね。

ここはもう知った道なので快調に走りますが、時間的に登山客が多くなってきました。トレランのマナーとして、すれ違う前からスピードを落とし、歩いて挨拶を交わして行きます。

f:id:Tattaka:20170528161554j:plain

9時00分

稲荷山は途中から走りづらくなるので、6号路に。

f:id:Tattaka:20170528161829j:plain

9時20分 6号路ももう少しで終わってしまいます。

もう終わっちゃうのか~ と寂しい気持ちになり、1号路を再び少しだけ登ります。

f:id:Tattaka:20170528161957j:plain

9時26分 下山完了です。山頂からは30分ほどでした。

ここは病院の裏手になっていて、かなり解りづらい場所にあります。

f:id:Tattaka:20170528162234j:plain

さあ、完走したあとは宴だ! ひとりぼっちだけど(笑)

f:id:Tattaka:20170528162239j:plain

蕎麦は好物なんですが、ケーブルカー駅の近くにある沢山の蕎麦やは何故か食べる気がしません。でも、ここ極楽湯の蕎麦は安くて美味しかったです。

さー 次はいつ高尾山に来ようかな?^^